就労移行支援事業

就労サポートセンターあがいん



私たちの想い

私たちは、復職や就労のサポートはもちろんのこと、「ありがとうね!またよろしくね!」と直接お礼を言われることの多いフードバンク活動での経験を通して、自分も誰かの役に立つことができる喜びや働く楽しさ、社会参画して人と接することの楽しさを通して、自分自身の存在意義を再確認し自信に繋がればと願うと同時に、社会では自分を必要としている人がいるという想いから湧く責任感を感じることができ、復職や就労への意欲につながるサポートをしていきたいと考えています

 

※人にとって、誰かのため、誰かの役に立っていることを感じること、繋がりがあることによって、どれだけ生きる喜びやエネルギーを感じることか計り知れません

私たち職員も日々この思いで、就労サポートやフードバンク活動に取組んでおります

 

そして、それだけでなく、ここでの経験が、その方の今後の人生において、より豊かな人間関係や社会との繋がりが築けるきっかけになれば、それ以上に嬉しいことはないと考えています

 

また、私たちは利用者の方をパートナーと呼び、職員をスタッフと呼んでおり、共に現代社会に生きる仲間として、共にフードバンク活動をおこなう仲間として、共に協力し合い支えあって歩んでいく仲間という関係を大事にしています


プログラム紹介

 就労サポートセンターあがいんには大きく分けて、以下の2種類(フードバンク活動を通したプログラムと、座学形式のプログラム)があり、最大の特徴は“実際に誰かの役に立つが実感できる”フードバンク活動を通したプログラムになります

 

1.座学形式のトレーニング

  (1)仕事スキル

     メモリーノート活用術、メモする習慣化、読解力、表現力、書くトレーニングなど

  (2)コミュニケーショントレーニング

     グループワーク、スポーツコミュニケーション、文章理解、ボイトレ、挨拶練習など

  (3)就職スキルトレーニング

     求人情報の調べ方、ハローワーク訪問、合同面接会への参加、面接練習、履歴書作成

     自己PR、仕事とは、メモリーノート術など

  (4)健康管理

     栄養管理講座、ヨガ、ストレッチなど

 

2.フードバンク活動を通しておこなうトレーニング

  (1)実際に“誰かの役にたっている”が実感できるプログラム

     企業へ食糧品の受取りに行く作業、生活困窮者へ食糧をお届けする作業、在庫棚の整

     理、食糧の積み下ろし作業、在庫データ入力、伝票書き、食糧を取りに来る団体との連

     携、自分たちが食糧支援している団体のお手伝い、など・・・

     ※全ての作業がバーチャルではなく“誰かのため“になっているという実感を得ながらおこな   

       うことができるプログラムになっています


プログラムのようす

ダウンロード
【全体説明】 “誰かの役に立てる”が実感できる社会参画できるプログラムを大切に
AGAIN事業所見学会チラシ Vol1.pdf
PDFファイル 917.5 KB
ダウンロード
フードバンクを通したプログラム「実際 に“誰かの役に立っている”が実感できる社会参画型プログラム!」
AGAIN事業所見学会チラシ Vol2.pdf
PDFファイル 819.2 KB
ダウンロード
暮らしに役立つ座学プログラム「多くの 人や社会と出逢い・視野と可能性が広がる 暮らしに役立つプログラム」
AGAIN事業所見学会チラシ Vol3.pdf
PDFファイル 808.9 KB
ダウンロード
就職に向けた座学プログラム「職場 でいかせる・役に立つ より実践的な就労に向けたプログラム!」
AGAIN事業所見学会チラシ Vol4.pdf
PDFファイル 776.2 KB
ダウンロード
お楽しみ会・季節行事「仲間 がいることの喜び・楽しさ・安心・励み!!」
AGAIN事業所見学会チラシ Vol5.pdf
PDFファイル 803.6 KB

フードバンク活動を通したプログラムイメージ


プログラム スケジュール(例)


フードバンクってなぁに?


ご相談・お問合せ先

見学や体験は、いつでも大歓迎です

また、利用にあたってのご相談・ご質問もお気軽にご連絡ください

必要に応じて、本利用に必要な行政手続きや各種手続きなどのサポートもさせていただいております

 

ぜひ、お気軽にお問合せください